甲電の歴史

※この会社は架空の鉄道会社です

甲電の歴史

1903 国電が碧山県に参入(国電山因線開業)

1919 坂郷貨物鐡道が開業(湊~葛田鉱山間完成)

   ◦初代社長 相羽絵雄(あいう えお)

1924 碧山臨海鉄道が開業

1935 柳碧鉄道(現、碧山高速鉄道)が開業

1937 旅客運行を開始

1941 戦争が始まり金属を国に寄付するため運行停止

1944 柳浦の兵器工場、坂郷の鉄工所が空襲を受ける

1946 会社を立て直す

   ◦2代目社長 比土井八郎(ひどい やろう)

1949 葛田鉱山が閉山し旅客運行のみを行う

1951 業績不振で倒産

1953 墨原軌道が開業

1954 坂郷町、岩木村、甲都村が合併し甲東町となる

   甲東鉄道開業

   ◦初代社長 吉利志採(きちり しとる)

1955 甲東駅を建設甲葛線開業(甲東~葛田)

甲奈町、南部村、台ヶ原村が合併

1956 甲東南北線開業(湊~甲東~甲東山

   湊駅を甲東港駅に改称

1957 甲東町、河内村合併

1959 甲東町、甲奈町が合併し甲東市となる

1960 甲葛線を甲東本線に改称

   本線延伸(甲東~甲奈)

   葛田町、峰島村が合併、葛田市となる

1964 甲東市、葛田市が合併

1966 本線延伸(葛田~有曾那)

1970 全線複線電化

甲東電鉄に名称を変更をする

1971 赤池鉄道が開業する

1973 有曾那駅を茂原駅に、坂郷駅を坂郷城駅に改称

墨原町、旭村、豊ヶ谷村が合併し西広川市となる

1975 ◦2代目社長 飯井幹二(いい かんじ)

1978 本線延伸(葛田~峰島)

1980 甲東市の人口が100万人を超え政令指定都市

   早瀬空港が開業

1981 更に延伸(甲奈~辺野)

バブル景気じゃヒャッハー

1985 遊園地を峰島に建設(甲奈湾茂原遊園地)

   峰島駅を甲奈パーク駅に改称

1987 甲東地震マグニチュード7.9)

1989 全線復旧

1994 新型車両甲電新2000系が完成

1997 西広川線が開業

2000 赤池鉄道吸収合併

2001 3代目社長 のぐっち

2004 ニュータウン線開業(郷田老原~白石

2007 石宮(いしのみや)鉄道、郡岡(こおか)鉄道直通

   新幹線が開業(甲東駅、新石宮駅、碧山駅)

村崎ヶ丘駅の完成(立体駅)

2012 早瀬都市高速鉄道三津井鉄道と直通

2013 碧山県鉄道統一会議(KRグループに参入)

2014 碧山国際空港完成